御成道とは

日光御成道(にっこうおなりみち)とは、江戸時代の五街道の同様整備された脇街道の一つである。

中山道の本郷追分を起点として岩淵宿、川口宿から岩槻宿を経て幸手宿手前の日光街道に合流する脇街道である。

将軍が日光社参の際に使用された街道であり、日光御成街道(にっこうおなりかいどう)とも呼ばれている。